機材

機材

スマブラDX/GC/Wii関連の機材を記載する。

立方体型の独特なデザインを持つゲーム機。
スマブラDXはこのハードと同時に目玉タイトルとして発売され、売上を牽引した。

取っ手があることから鈍器としても名を馳せている。

スマブラDX以外にも「カービィのエアライド」「マリオサンシャイン」「風のタクト」など任天堂の名作が多い。
また、ゲームボーイプレーヤーの存在によりテレビに接続可能なGBAとして運用が可能。
ゲームボーイプレーヤー内部にGBA基板がそのまま載っているため、互換性も完璧。

任天堂の据え置きハードとしては、ゲームキューブの次に発売された。
ゲームキューブのソフトと互換性が保たれているため、スマブラDXをプレイする際はどちらか選ぶことになる。

多数売り上げたために現在もレトロハードとして周辺機器が多い。
WiiのHDMI出力用アダプタ」が流通しており、モニターでプレイするハードルが低くなっている。

ハードオフなどで中古が見つけやすく、価格もかなり安い。
ただしゲームを起動するまでにWiiリモコンの操作が必須となっており、GCコンだけでは起動できないので注意。(一部改造を行うことで回避可能)

格ゲーのHitBoxとほぼ同様で、本来スティックが担当する方向入力もボタンで入力するコントローラ。
手が疲れにくく、ボタンの組み合わせ入力が必要なもののスティック入力角度も安定する。またずらしも「タイミングを合わせてボタン入力」で出せるので強力。
GCコンより強くなりすぎないようにするために、入力値には一定の制限を掛ける必要がある。現状は大会ルールに記載がないことも多く、規制はメーカーが自主的に行っている。

Haxは手の酷使でGCコンを握れなくなった後、自分のブランドとしてB0XX(ボックス)を立ち上げた。
そして自らB0XXを使用して大会上位に食い込み始めると、Leffenなど世界ランク上位陣の一部も乗り換えを検討し始めている。

* Smash Box - HitBox製
* B0XX - Haxブランド
* Frame1 - 後発

  • 機材.txt
  • 最終更新: 7週間前