プレイ環境構築ガイド

このページでは、スマブラDXを始めるときに何が必要か、いくつかのパターンに分けて紹介する。

定番パターン。

  • ブラウン管:ヤフオクやメルカリで入手。14型が一番よく使われる。
    • かさばるので、最初は液晶テレビでもよい(最近のものは三色ケーブルが刺さらない場合もあるので注意)
  • ゲーム機本体:WiiまたはGC。Wiiのほうが後々の改造などにも便利だが、未改造だと起動にWiiリモコンが必要。
  • スマブラDXのディスク:3つのバージョンがあるが大差なし。
  • ゲームキューブコントローラ:必須。無理して新品を買う必要はない。

ミドルスペック以上のPC+ゲーミングモニターなら、ブラウン管と同等の表示速度になる。
もちろんエミュなのでネトデラをプレイすることもできる。

  • PC:可能ならデスクトップで、GTX1050~などのグラボが乗っているもの。
  • Wii:ディスク吸い出しに使用。ネットからロムを拾ってくると違法。
  • スマブラDXのディスク:吸い出し後にパッチを当てればバージョンはどれでもよい
  • コントローラ接続タップ:PCにGCコンを入力するために必要。

GCHDは、2018年になって発売された、GCからHDMI出力を取り出すコンバータ。
ゲーミングモニターと組み合わせれば実機をラグなしでプレイできるため、今後のスタンダード化が期待される。

  • GC:改造などは必要ないが、必ず初期型を選ぶこと。後期型はデジタル出力がない。
  • スマブラDXのディスク
  • GCHD:この環境のキモ。2万円前後と高価だが、安いコンバータとは一線を画する。
  • HDMIケーブル:家に余ってるものでOK。
  • ゲーミングモニター:応答速度の速いもの。BenQ製品の例