用語:ネトデラ

文書の過去の版を表示しています。


用語:ネトデラ

ネトデラ(Melee Netplay)とは、PCエミュレータを用いたスマブラDXのネット対戦手段である。
エミュレータ「Dolphin(ドルフィン)」は、Windows,Mac,Linuxに対応。
スマブラDX界隈ではDolphinをカスタムしたエミュレータを開発しており、日々進化し続けている。

2020年6月、「Slippi Online」が登場。通称新型ネトデラ超ネトデラ
これまで主流だった「Faster Melee」シリーズ同様、Dolphinのカスタム版エミュレータ。

低遅延での安定した対戦
ロールバック形式ネットコードを採用したことで、以前よりも要求する回線環境が緩くなり、海外との対戦も問題なく可能となった。
オンラインの遅延はデフォルトで2F存在するが、エミュレータ自体の内部遅延が実機より小さいため、相殺して実機並みの操作感となっている。

ランダム対戦機能が追加
ソフト自体で完結できるようになった。
通称「ガチ部屋DX」と呼ばれている。ちなみにランクマッチは今後数ヶ月で追加予定。
アイアンマンチャレンジという全キャラ1勝RTAも存在する。

Slippiリプレイシステム
対戦するだけですべての対戦が記録されていく。
リプレイは他のゲームでもよく見られる「入力保存→再生」形式だが、入力以外にも内部数値を大量に格納しているのが特徴。
これは再生せずとも試合内容が解析できるという特徴につながっており、プログラムによる一括処理によってコンボ動画作成などが可能。

↓解説動画(概要欄にさらにリンクあり)

ハックWiiを用いてディスクからROMを吸い出し、PC上にインストールした「Dolphin」エミュレータでROMを起動する。
あとはDolphinの機能を使ってネット対戦を行う。
GCコントローラは、WiiU/Switch用のコンバータをPCに接続することで利用可能
他のUSB/無線コントローラでも大体の操作は可能だが、LR深押しやボタン配置、入力の再現性においてGCコンが最適。
詳細な設定のやり方は有志の解説を参照
また、質問用のDiscordも活用のこと。

初期(2014年頃)は要求スペックも高かったが、PCスペックの向上に伴い、ゲーミングPCではなくとも動く程度の負荷になっている。
このため導入へのハードルが下がり、国内人口も増えつつある。

エミュレータの利用は合法。またROM吸い出しは私的利用の範囲に入るため合法1)
メールなどによるROMの受け渡しを行うとアウト。必ずWiiを使って自分で吸い出すこと。幸いWiiハック自体はネトデラ以外の用途でも人口が多く、解説記事も見つかりやすい。

導入解説(字幕付き)


1)
ディスクのコピープロテクト解除は私的利用であっても違法となる場合があるが、GCのディスクは独自規格による対策のみで、コピープロテクトがかかっていない
  • 用語/ネトデラ.1595514819.txt.gz
  • 最終更新: 4カ月前