用語:絶空

ぜっくう。絶低空空中緊急回避の略。さらに略して「絶(ぜつ)」になることも多い。
英名Wavedash。
主に空中緊急回避を低空から地面に向かって擦り付けることで起こる「滑り移動」を指す。真下に出すこともできる。
ジャンプを経由するためシールド,ダッシュ,リフレクター等からキャンセルして出せる。
素早く撹乱しやすいDXのダッシュを、この絶空を使うことでさらに細かく制御できるのでステップ戦の要素として重要。
絶空の実行後には着地隙(大体のキャラで10F)が存在するものの、キャラによっては走行するより速いためメインの移動手段としても利用される。

使用機会が多いのはメインの移動手段として利用するルイージ、アイスクライマー。
フォックスやファルコはリフレクター→絶空(リフ絶空)を利用してつなぐコンボが存在する。
強キャラから弱キャラまで、移動距離の違いはあれど比較的平等に有用なテクニックであるが、クッパは着地隙が大きすぎてまともに扱えない。

概要

空中緊急回避に方向が付けられるのはスマブラDX,スマブラSPのみ。
DXにおいてはジャンプする瞬間に斜め下に回避を出すことで絶空となる。

  • 着地絶空
    • ジャンプの着地直前に空中回避を出す。着地の直後に位置がずれるので、着地狩りを誘って反撃できる。
  • 台絶空
    • ジャンプの上昇中に台に向かって絶空を行う。すばやい移動や台上の受け身狩りなどに。
  • 真横絶空
    • 一部状況限定でタイミングがシビアだが、真横にスティックを入れていても絶空が出せる。非常に大きな速度で移動できる。
    • 再現しやすいものとして、ヨッシーの2段ジャンプ→台絶空などがわかりやすい。
    • 大体のキャラでは特定のモーションで台にめり込んだ状態で、真横絶空が可能なフレームが存在する。
    • ガノンドロフは地上での着地際でも出しやすく、貴重な高速差し込み手段であるため実戦投入している例が多い。

入力方法

最速絶空は正確にはジャンプと同時入力ではなく、キャラ固有のジャンプ前隙フレーム(3F~)が経過した後。
またスティックを斜め下入力する必要があるため、ジャンプはスティック上方向ではなく、XかYボタンで行うことが推奨される。

余談

  • 中二病臭いネーミングは現在に至るまでネタにされている。
  • スマブラSPでも回避の仕様が似ているため絶空らしきものは出せるが、後隙(着地隙)が大きいためごく限られた場面でしか有効ではない。

動画

真・絶 - 最も有名な解説動画

外部リンク