プレイヤー:Captain Jack

キャプテンジャック。CJとも呼ばれる。V3 Esportsに所属するスポンサード(プロ)プレイヤー。
2004年から2008年にかけて活躍したシーク使い。当時はKenを撃破するなど世界的な実力者であった。
その後姿を消していたが2016年から本格復帰。復帰と前後してフィンランド移住したが、日本やアメリカにもよく遠征している。
さらに念願のスポンサードを達成。
10年近いブランクがあるが本人は世界を獲る気のようだ。

2014年8月に東京で開催された第5回BattleGateWay(通称BGW)のグランドファイナルの動画において彼の実況解説を聞くことができる。

復帰を宣言したあとの国内大会は2018年1月のMaster Hand 31,修羅ブラ13の連戦でともに準優勝。レジェンドの実力を見せつけた。
その後はアメリカに渡り長期武者修行を行っている。
ブロガーという職のおかげで海外滞在でも不便せず、むしろネタが増えてとてもオッケーイ!!のようだ。
ただし入国審査では「ブロガーでスマブラやりに来ました」との理由ではなかなか苦戦した模様。

2018年より国内各地のDX大会への賞金提供スポンサードを行っており、国内への影響力をさらに高めつつある。

使用キャラクター


メイン:シーク(赤)

復帰まもないため、現代のトッププレイヤーの水準からするとスピードやテクニック面においてやや不安がある。
しかし歴戦の読みや反応速度は本物で、針待ち→跳んだ相手を迎撃するという基本の流れを忠実にこなして勝利をもぎとる。

DX初期の現役当時は、アメリカに「ベクトル変更の概念」を持ち込んだことで知られる。

オッケーイ!

伸びシロですねぇ!